時計にはいろいろな種類があります

時計の電池交換を行う手段について

時計は電池式のタイプが多く、一定の年月を使っていると、針が止まってしまうことがあります。
この状態では新しい電池に交換することが必要ですが、その手段は所有者自ら行う方法と専門店に依頼をする方法に分けることができます。
一般的な掛け時計や目覚ましタイプの場合では簡単に裏蓋を開けることができ、スムーズに交換作業を済ませることができますが、腕時計の場合では機種によっては裏蓋を開けることが難しい場合も見られます。
裏蓋には爪の部分が設定されていて、左側に回すことで開けることができますが、専用工具なども販売されていて、裏蓋に傷を付けないように外すこともできます。
クロノグラフなど一部の大きなタイプでは対応できない場合も見られ、このケースでは専門店に依頼することが必要です。
電池交換自体は簡単な作業になり、新しいものに直ぐに取り換えを済ませることができます。
ところが時計によっては裏蓋が特殊なものもあり、自己処理が難しい場合では、やはりプロに任せることが最適です。

腕時計の電池は簡単に取り替えられる!?

腕時計の電池は、専門技術者のいる時計専門店でないと取り替えられないと思っていませんか。
しかし、素人でも意外に簡単に取り替えることが出来るのです。
ボタン電池は、家電量販店や100円ショップ、インターネットショップでも手に入ります。
勿論、種類はそれによって違いますから、はじめにどんなものを使っているのか、裏蓋のネジを精密ドライバーで外して開け、中に入っている番号と種類を確認する必要があります。
新しいものを買ってきたら古いものを外し、電池のプラスとマイナスの方向を間違えずに入れ替えて、裏蓋のネジなどをきちんと止めれば終わりです。
驚くほど簡単に時計が蘇り、時を刻み始めることでしょう。
けれどすべての時計を自分で取り扱えるわけではありませんので、その点は注意してください。
例えば防水性の高いものや、気密性のあるもの、高価なものなどは、多少お金がかかっても専門の技術者に任せるべきです。
素人がいじって壊してしまえば、元も子もありません。

おすすめWEBサイト

2016/2/19 更新

Copyright 2015 Watch & Clock. All Rights Reserved.